女性一人暮らしの表札

   

女性の単身世帯や女性だけのご家庭の表札はどのようなものがいいでしょうか。
若い女性のみならず、ご高齢の女性も、一人暮らしの女性の表札はどうしましょうか?


 

表札は住人を表す家の顔ですが、女性の一人暮らしの場合は意外にも表札にまつわるトラブルは多いものです。

女性が表札にフルネームを出すといたずらされやすく、トラブルが舞い込みやすいということはあります。
例えば、
   ・いたずら電話がかかってくる(知らない人から電話で、「○○ちゃんいる?《)
   ・いたずらでチャイムを鳴らされる(チャイムが鳴ったので出ると誰もいない)
   ・変な手紙がポストに入れられる
   ・表札に落書きをされる 等
 このような気味悪い思いや、嫌な思いをした経験のある女性は意外に多いものです。


表札を出すときの工夫

こちらはただ吊前を掲げただけと思っていても、変質者から見れば格好の材料となります。
変質者から身を守るには、表札を出すときは、性別を隠す工夫が必要です。
外観から見た場合、女性が住んでいると容易に想像できるような、きれいな色のカーテンなどは
避けたほうがよいように、その方法として下記をご参考にご覧ください。

 

1.姓だけの表札にする。

   

性別が分からないから、トラブルに巻き込まれることもない。
世帯員の人数がわからない。

 

2.男性の姓を加えた表札にする。

   

変質者は気が弱い男が多いから、あえて男がいる家は襲わない。
男の姓が書いてあれば、まずいたずらの心配がない。
父親や息子等男性の姓を入れておく。

 

3.地味目の表札にする

   

1.2に加え、女性らしい可愛らしい表札より、セト表札、木製表札等の
オーソドックスな表札にすることで年齢や性別を隠す。

女性の一人暮らしは、危険を伴うものと考えて、表札にも一工夫してはいかがでしょうか。


表札ひとくちメモ

表札はどの位もつの? | 役目を終えた表札は? | 女性一人暮らしの表札 | 表札が出来上がるまで |
表札の歴史       | 日本の多い吊字ランキング |