戸建玄関用の表札の素材

家にマッチした表札は、手に乗るほどの大きさにもかかわらず、家全体の印象を引き立てます
玄関などの場合は比較的近くの距離から表札を見ますので、玄関周りの雰囲気にしっくりと合うものになると
いいですね。

表札の場所

ここでは、戸建玄関用の表札の取り付け場所は、玄関ドアの周辺で、軒があったり、囲いがあったり、
風除室内など、 表札に直射日光や雨が直接あたらない場合でご紹介いたします。

戸建玄関用に適した素材は?

直射日光や雨が直接あたらない場合は、いろいろな素材の中から表札をお選びいただけます。
戸建玄関におすすめの素材は、ステンレス、ファッションタイル、ディアマンテ、木、セトです。
ご自身で取り付けされる場合は、比較的重量が軽めの素材(500グラム以下)のほうが取り付けしやすいです。

天然石やセラミックは耐久性が優れていますが、重さが750〜1000グラム、厚さが20ミリあるので、
新築やリフォームの最中で、業者様に壁に埋め込みを依頼できたり、釘を打ってもらえる場合はよいですね。

ステンレス表札 |  ファッションタイル | ディアマンテ表札 | 
縁起の良い表札 | 木製表札屋久杉表札浮彫 | 屋久杉表札 波形セト表札


戸建玄関用の表札の内容について

玄関の雰囲気に似合う表札

戸建玄関では、お好みに合わせて、色形などをお選びいただけます。
洋風住宅ではデザイン表札。ステンレス、タイル、ガラスタイルがおしゃれな玄関を引き立てます。
ガラスタイルやディアマンテは美しい表札ですので、表札自体がアクセントにもなります。
自然素材で手作りの風合いが好まれ、木製表札は洋風住宅にも人気があります。

和風住宅では筆文字表札。木製やセトが、やはりしっくりと馴染みます。
また、タイル表札に苗字を筆文字で入れると、雰囲気がでて和風住宅にもマッチします。

文字等の内容

比較的近くから見ますので、文字のサイズは小さくても問題ありませんし、内容も多く入れられます。
木やセト表札の場合、その家の当主を姓名入り(苗字と名前)で掲げます。
ステンレス表札では、家族名、ローマ字、住所、イラストなども入れられます。

書体によってイメージが大きく変わりますので、例えば、クラフト体はほんわか、風雲体は元気、
流隷体は伸びやかなど、我が家はこんな感じかなと相談されてご家族の雰囲気に合わせて、
書体をお選びになるのもよいですね。
また、英字を表札のメインにするとスタイリッシュな印象になります。
文字だけでなく、愛犬や猫などペットのイラストを加えると楽しさがでて、そこから会話が生まれそうですね。

玄関用表札の取付方法

それぞれの表札の取付方法を下記よりご参考になさってください。
取付面の壁には、モルタルやタイルやサイディングなど、さまざまな材質がありますので、
接着剤などは、お客様の取付面に合うものを、ホームセンター等でご相談の上お選びください。

1.ステンレス表札は、ステンレス表札の取付方法をご参照ください。     
2.木の表札は、木製表札の取付方法をご参照ください。      
3.セト表札は、セト表札の取付方法をご参照ください。
4.ガラスタイル、ファッションタイル、ディアマンテの場合、
    ●接着剤による表札取付方法     
        表札の裏と、取り付け面に強力な接着剤を塗り圧着します。
    ●埋め込み      
        新築やリフォームの場合には、取り付け面を表札の形にくぼませて、表札をはめ込み、
        隙間の溝を埋めると取付面と一体感がある仕上がりになります。

表札の耐用年数

永久的に持つような素材は、残念ながらありません。
取付環境によりますので、一概には申し上げられないのですが、 天然物の木製表札の場合は、
外気が当たる場所では早く消耗し、風除室などの中では長持ちします。

表札取扱いの ご注意
表札の重さがあり、一見頑丈そうにみえますが、物にぶつけたり、落としたりすると 欠けたり、
割れたりすることがあります。
お取扱いにはどうぞご注意ください。

ご注文・お問い合わせ先 
・E-mail  yamada@hyousatsu.co.jp ここをクリックするとメール送信ができます。
・TEL  011-786-5729   ・FAX  011-786-5730